最新情報
シャネルの新作フレグランス「COCO NOIR」9月14日から発売開始

jpbrandpiko.comコピーブランドサイトよりの最新情報です。 

 シャネル(CHANEL)」は、女性用の新作フレグランス「ココ ヌワール(COCO NOIR)」を9月14日に発売しました。マドモアゼル・シャネルが旅したオリエンタルな街ヴェネチアからインスピレーションを得た今回の新作は、「CHANEL」専属調香師、ジャック・ポルジュ(Jacques Polge)が手がけました。

 1984年に発表された「ココ(COCO)」と2001年に発表された「ココ マドモアゼル(COCO MADEMOISELLE)」、この2つの系譜に連なる香りとして誕生した「ココ ヌワール(COCO NOIR)」は、新しさや自由な印象を感じさながらも、過去と一貫する“シャネルらしい”ものに仕上がったのです。

 マドモアゼル・シャネルが、生涯の恋人、ボーイ カペルの死に打ちひしがれ、嘆き悲しんでいたときに出会った街、ヴェネチアから全ては始まります。ヴェネチアにあふれる色彩と黄金色、夜に輝く月と星の美しさなど、マドモアゼル・シャネルのその後の美意識を決定づけたともいわれるヴェネチアの夜の情景を反映させた香りは、調香師のジャック ポルジュ曰く「ヴェネチアで始まり、ヴェネチアで終わるオリエント」です。その言葉通り、N級ブランド
「COCO NOIR」は、ありきたりな官能性のイメージからは距離を置く、個性やこれみよがしな主張より内面的な魅力、そして本質的な贅沢を選ぶ現代女性のための香りとして創作されました。

 ピンクペッパーとグレープフルーツがほのかに香るスパイシーで爽やかなトップノートに始まり、ジャスミンやローズ、ナルシスが放つ官能的なミドルノートが続きます。そして、香りのエスプリが凝縮されたウッディとホワイトムスクのベースノートが豊かに広がります。

 黒を愛したマドモアゼル・シャネルの「私より前には、誰も黒を纏おうとしなかった」という言葉を彷彿とさせる漆黒のボトルデザインも印象的です。