最新情報
「白雪姫と鏡の女王」悪女役ジュリア・ロバーツ着用衣装がスワロフスキー銀座に

映画「白雪姫と鏡の女王」で宝石やドレスが大好きな毒舌ワガママ女王「鏡の女王」が着用した"豪華絢爛"な衣装の展示が、8月23日から「スワロフスキー銀座」でスタートする。これを記念して8月22日、会場となる同店2階で、10万粒以上約20色のカラフルな「SWAROVSKI ELEMENTS(スワロフスキー・エレメント)」で装飾された衣装を初披露。デザイナー森英恵の孫でタレントとして活躍する森泉がゲストで登場し、トークショーを開催した。  

コスチュームデザイナー兼アート・ディレクターの故・石岡瑛子(いしおかえいこ)が生涯最後に手がけた「白雪姫と鏡の女王」の衣装は日本各地で巡回展示する。各会場により展示される衣装は異なり、「白雪姫」のピュアさや芯の強さを表現したという青色のパーティー用ドレスや緑花柄ドレス、「鏡の女王」のピンクパーティードレスなどが「IENA SLOBE 新宿店」や「イクスピアリ 舞浜」で現在展示をスタート。今回、「SWAROVSKI」の世界初の旗艦店「スワロフスキー銀座」で展示される衣装は、映画で実際に身につけられた「鏡の女王」の仮面舞踏会用ドレスとウエディングドレスの2点で、同会場のみの展示を予定している。会場では石岡瑛子のデッサン画や映画の写真パネルも展示され、「Magic Mirror」シリーズと題して「鏡の女王」をモチーフにしたピアス(14,700円)やブレスレット(22,050円)、ペンダント(19,950円)などのジュエリーも販売される。「鏡の女王」はキャリア初の悪女役として女優ジュリア・ロバーツが挑戦している。  

8月22日に行われた記念トークショーで、森泉は「パンクな感じが好み」という「SWAROVSKI」のネックレスを身につけて登場。石岡瑛子により300着以上製作されたという衣装の中で、オープニングシーンで「鏡の女王」が着用している「ゴールドのパーティドレスがお気に入り」と話し、約9万個の「SWAROVSKI ELEMENTS」で装飾されたリンゴのモチーフを片手に、「ストーリーはもちろん衣装の細かい部分まで注目して観てほしい」と映画公開に向けてPRした。映画は9月14日から丸ノ内ルーブルほか全国の映画館で公開をスタートする。 

世界一流ピーブランド財布、スーパーコピー商品、激安ブランド。ルイヴィトンコピー、ミョウミョウコピー、シャネルコピー、エルメスコピー品格安通販。商品は全て最高な材料と優れた技術で造られて、正規と比べて、品質が無差別です!人気ブランドコピーバッグ、N級ブランド財布のお求めはぜひ当店へ。